CSRの考え方

CSRの考え方

CSR(Corporate Social Responsibility)は、「企業の社会的責任」と訳される場合が一般的です。具体的な内容としては、コンプライアンス(法令遵守)、コーポレート・ガバナンス(企業統治)、ディスクロージャー(情報公開)、環境対策など企業が市民として社会に対し果たすべき「責任」と捉えられています。

TIENS JAPANは、Responsibilityを単純に「責任」と認識するのではなく、むしろ企業が社会から得る「信頼」と考えます。単に「責任」を取ることは企業の内部だけでもできることですが、「信頼を得る」ことは、企業と外部との相互作用があって初めて可能となるのです。私たちは、企業を取り巻く消費者、顧客、取引先、従業員、株主、地域住民、行政など幅広いステーク・ホルダー(利害関係者)との双方向のコミュニケーションを重ねていくことが、CSR活動の基本と理解しています。
  • ディストリビューター

    製品、就業機会、教育環境の提供

  • 政府・行政・マスコミ

    コンプライアンス、情報の開示

  • 加盟団体

    コンプライアンス、情報交換、会合等への積極的参加

  • 一般消費者

    安全で環境に配慮した製品の提供

  • TIENS JAPAN

    CSR活動
    マーケティング活動
    経営

  • 地域社会

    Fun to Share、フォレストサポーターズ、ecoca?の森などの環境活動

  • 株主(本社)

    株主利益の提供

  • 従業員

    働きやすい職場環境の提供、安全な職場環境の整備、人材開発

  • 取引先

    安全、高品質な製品の製造、当社事業への理解促進