TIENS JAPANの目指すCSR

TIENS JAPANの目指すCSR

地球環境負荷が削減される2つのシナリオ

地球環境の許容レベルに対する割合:グラフ

地球温暖化をはじめとする環境問題やグローバリゼーションの進展による経済・社会秩序の不安定化などが地球全体や人類の未来を危ういものにしています。これからも産業革命以来の産業・経済モデルの踏襲を続けた場合、取返しのつかない事態になることは広く認識されています。

企業は環境や経済に大きな影響をもたらす存在であり、その企業自身が「持続可能な開発」に向け考え方をシフトすることが求められています。CSRの目的とは、「持続可能な社会」の達成に貢献することであり、そのための具体的な行動指針を策定し、実行していくことが重要です。また、そのような活動の結果として企業が社会から信用を得ることにより、企業自身が持続可能(サステナブル)な存在となると考えます。

TIENS JAPAN サステナブル経営理念

社会・地球環境

基本コンセプト

  • ● 法令・社会的規範の遵守
  • ● 有用な製品の提供
  • ● 健全なビジネス機会の提供
  • ● 環境に配慮した企業活動
  • ● 有能な人材の確保
  • ● 収益の獲得と納税
  • ● 社会貢献

活動目標

  • ● ステークホルダーと双方向コミュニケーションの確立
  • ● 安全で高品質な製品の開発
  • ● 従業員・ディストリビューターへのコンプライアンス教育の徹底
  • ● 環境負荷の少ない製品の開発
  • ● 従業員・ディストリビューターへの環境意識啓蒙
  • ● 環境保護・改善に貢献する具体的活動
  • ● 働きやすい職場環境の整備
  • ● 従業員の能力開発教育と公正な評価システム
  • ● 適正な価格設定と利益の確保
  • ● 社会貢献活動(中国本社) など

サステナブル経営への具体的な取り組み

製品開発・製造

  • ● 健康で美しい身体をサポートする製品づくり
  • ● 安全で高品質な製品の製造のため、独自の社内基準(TIENS Certified Plant)を設け、協力工場と連携する
  • ● クリーンでエコロジカルな生活をサポートする製品づくり
  • ● 環境負荷の少ない成分、環境改善につながる成分を積極的に使用
  • ● 容器・パッケージには再生・再利用可能な材料を可能な限り使用

コンプライアンス

  • ● 医薬品医療機器等方、食品衛生法、景品表示法など法令を遵守した製品製造と促進活動の徹底
  • ● 健全なビジネスをサポートするため、ディストリビューターに対しての特定商取引法など関連法令の遵守を促す論理教育活動の展開(セミナー、e-ラーニングなど)
  • ● 従業員やディストリビューターが適正な活動を行っているかをできる限りチェックし、指導・啓蒙に努める

環境マネジメント

  • カーボン オフセット プログラム付製品の提供
  • fun to Shareフォレスト・サポーターズへの参加
  • ● 長野県生坂村との「森林(もり)の里親計画」締結(TIENS ecoca?の森 信州生坂)
  • ● 兵庫県宝塚市との「企業の森づくり活動への取組に関する協定」締結(TIENS ecoca?の森 宝塚)
  • ● エコ・オフィスへの取組
    (エネルギー、資源の有効活用と廃棄物の減量、資源化、福利厚生、社員教育)
  • ● ディストリビューターに向けた環境関連セミナー、イベントの開催により、環境意識の向上を図る
  • ● 従業員やディストリビューターが直接環境保護・改善活動に参加できる仕組みづくり

コーポレート・ガバナンス 従業員 社会貢献

  • ● スモール・マネジメント体制によるスピーディーな意思決定と行動を目指す
  • ● 公開会社ではないが、企業行動の透明性をできる限り確保する
  • ● ファミリーフレンドリー企業(厚生労働省が実施している評価制度で、「仕事と育児・介護とが両立できるような様々な制度を持ち、多様でかつ柔軟な働き方を労働者が選択できるような取組を行う企業」と定義)を目指す
  • ● 従業員のエンプロイアリティを高めるための教育・評価制度の充実を図る
  • ● 中国本社を通じ、世界各地での社会貢献活動に関与

TIENS JAPANは、「環境と経済が両立するビジネスの実践と社会から信頼を得られる経営」(サステナブル経営)を継続することで、持続可能な社会の実現へ貢献していきます。そのための企業活動の基本的なコンセプトとしてTIENSグループのDNAともいえる「養生文化」に根差したTotal Wellnessを提唱しています。